喫煙者の検診

青い手術着を着てマスクをする医師

肺がんというのは、肺にできる悪性腫瘍の事を言います。その原因の1つになっているのがタバコを吸うという行為です。 タバコには、発癌性物質が含まれており、それが肺の中にたまってしまって、結果的に癌になってしまう可能性があります。 肺がんは当然放置しておくと進行してしまいます。ですので、早めに治療する必要があります。そこで、タバコを吸っている人は、特に定期検査をして、早めに癌を見つけるように努力する事が必要になります。 特に40代を過ぎると、発症率も高くなってきます。中年以降でタバコを吸っている人は特に要注意になってきます。 早めに治療できるように、なるべく肺がんの検査をして、早期発見できるようにしていきます。

肺がんの検査であったり、治療を希望している人は、なるべく呼吸器内科に行くようにします。 病院にはさまざまな科があります。同じ医師でも専門分野が違ってきます。肺は呼吸器になってきますので、その専門である呼吸器内科に行った方が、詳しく検査できますし、専門の先生がいますので、適切に治療してくれます。 専門外の医師に診てもらっても、専門の先生と比べると少し治療などで劣ってしまう可能性があります。 ですので、呼吸器の専門の先生に診てもらう事が大事になってきます。このように、病院や先生選びの面できちんと呼吸器専門の病院であったり、先生を選んでいくように工夫していく必要があります。 それが肺がんの治療において重要になります。